メインメニュー


弁護士紹介 - 埼玉県さいたま市の弁護士事務所- 菊地総合法律事務所は、相続、不動産、同族会社の案件や、株式買取請求などの非公開会社の案件を多数解決しています。その他、交通事故や貸金などの一般民事事件、離婚、財産分与などの家事事件、少年・刑事事件、そして企業法務や自治体の法務にも経験をつんでおります。


ナビゲーション

代表弁護士 大塚嘉一(埼玉弁護士会所属)

経歴

昭和31(1956)年5月
埼玉県にて出生
昭和50(1975)年3月
埼玉県立春日部高等学校卒業
昭和54(1979)年3月
早稲田大学法学部卒業
昭和60(1985)年
司法試験合格
昭和63(1988)年3月
司法修習終了(40期)
昭和63(1988)年4月
埼玉弁護士会登録
菊地・高野法律事務所(当時)にて勤務開始
平成5(1993)年6月
菊地総合法律事務所パートナーに昇格
平成12(2000)年度
埼玉弁護士会副会長に就任
平成16(2004)年4月
菊地総合法律事務所代表パートナーに就任

所属弁護士会

  • 埼玉弁護士会

役職等

  • 埼玉弁護士会司法修習委員会委員・元副委員長
  • 埼玉弁護士会企画広報委員会委員・元委員長
  • 埼玉弁護士会綱紀委員会委員
  • さいたま地方裁判所・簡易裁判所民事調停委員
  • 独立行政法人農林水産消費安全技術センター契約監視委員会委員・同入札監視委員会委員
  • 草加松原ロータリークラブ会員
  • 元埼玉弁護士会副会長(平成12年度)
  • 元埼玉弁護士会民事介入暴力対策委員会委員長
  • 元日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会委員
  • 元日本司法支援センター埼玉地方事務所扶助審査委員
  • 元財団法人交通事故紛争処理センター埼玉相談室嘱託
  • 元公益財団法人埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター暴力追放相談委員・同評議員選定委員会委員 等

執筆・著作

コメント

以前から、個人の自己実現と、社会・集団との関係・調和についてずっと考えてきました。古代ギリシャ人のarete(アレーテー)すなわち「卓越への情熱」が要であるとの考察に至りました。それは、一見すると矛盾とも思える、命を懸けた自己主張と自己犠牲を厭わない他者との連帯・他者への愛とが溢れ出る泉です。

現在、個人と社会(他者)との紐帯である主要な概念を素材に「貨幣、権力及び言葉の一般理論」( The General Theory of Money, Authority and Language )と題して論文を執筆中です。

趣味

  • ディーノ(イタリヤの古いスポーツカー)のレストア(修復)
  • プラトン研究 等