メインメニュー


事務所について - 埼玉県さいたま市の弁護士事務所- 菊地総合法律事務所は、相続、不動産、同族会社の案件や、株式買取請求などの非公開会社の案件を多数解決しています。その他、交通事故や貸金などの一般民事事件、離婚、財産分与などの家事事件、少年・刑事事件、そして企業法務や自治体の法務にも経験をつんでおります。


ナビゲーション

沿革

菊地総合法律事務所の沿革は次の通りです。

昭和41(1966)年4月
弁護士故菊地博泰が埼玉県浦和市高砂3丁目(当時)に菊地博泰法律事務所を開設。
昭和57(1982)年4月
弁護士高野隆が同事務所にて勤務開始。
昭和56(1981)年度
弁護士菊地博泰が埼玉弁護士会会長に就任。
昭和61(1986)年8月
弁護士高野隆がサザンメソジスト大学に留学のため渡米。
昭和63(1988)年4月
弁護士高野隆が帰国し、パートナーに昇格。事務所の名称を菊地・高野法律事務所に変更。弁護士菊地博泰が代表パートナーとなる。弁護士大塚嘉一が同事務所にて勤務開始。
平成5(1993)年6月
弁護士大塚嘉一がパートナーに昇格。事務所の名称を菊地総合法律事務所に変更。
平成6(1994)年5月
弁護士菊地博泰が死去。弁護士高野隆が代表パートナーとなる。
平成7(1995)年4月
弁護士照屋兼一が同事務所にて勤務開始。
平成9(1997)年3月
弁護士照屋兼一が退所し、沖縄弁護士会に登録換え。
平成11(1999)年4月
弁護士相澤和美が同事務所にて勤務開始。
平成12(2000)年3月
弁護士八木(旧姓駒場)由里が同事務所にて勤務開始。
平成12(2000)年度
弁護士大塚嘉一が埼玉弁護士会副会長に就任。
平成14(2002)年6月
弁護士八木由里が退所し、東京弁護士会に登録換え。
平成14(2002)年8月
弁護士相澤和美がジョージタウン大学に留学のため渡米。
平成16(2004)年4月
弁護士高野隆が退所し、早稲田大学法科大学院客員教授に就任。 弁護士大塚嘉一が代表パートナーとなる。
平成16(2004)年8月
弁護士相澤和美が帰国し、パートナーに昇格。
平成16(2004)年10月
弁護士飯島努が同事務所にて勤務開始。
平成17(2005)年2月
菊地総合法律事務所ウェブサイトを開設する。
平成17(2005)年3月
弁護士相澤和美が退所し、日本アイ・ビー・エム株式会社に勤務。
平成18(2006)年10月
弁護士高橋徹が同事務所にて勤務開始。
平成22(2010)年4月
弁護士飯島努が退所し、飯島努法律事務所を開設する。
平成22(2010)年7月
弁護士高橋徹が退所し、高橋徹総合法律事務所を開設する。
平成22(2010)年12月
弁護士近藤直樹が同事務所にて勤務開始。
平成23(2011)年5月
事務所を現住所地(埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目)に移転。
平成26(2014)年12月
弁護士近藤直樹が退所し、近藤・貝賀法律事務所を設立する。